YouTuberとして事務所所属することについて

未分類 0件のコメント

大規模イベント開催は大手事務所に所属してなくては難しいですが、他のユーチューバーのコラボや物販ビジネスなど個人でしようとすればできます。特に企業案件、コラボ動画など問題なくできます。このため事務所に所属してないとこれだけは絶対できないといったことはそれほど多くありません。そして、具体的に事務所所属するには各ユーチューバー事務所のサイトから応募します。基本度の事務所も公式サイトから所属したいYouTubeチャンネルの受付をしていて、応募をすれば事務所側が審査して問題な毛rば晴れて事務所所属となります。審査基準は各事務所により異なりますが、単にチャンネル登録者数~人以上なら合格という基準でなく、チャンネルの将来性など加味して合否を決定しています。そして、YouTubeチャンネルの影響力の大きさ示すとてもわかりやすい指標はチャンネル登録者数であり、事務所所属したときコツコツチャンネル登録者数のばしておくことが大事です。そして、ユーチューバー事務所へ所属は自分で応募する以外にスカウトされ所属することもあります。一時期希望mcnはある一定以上のチャンネル登録者数いるチャンネルに対し積極的にスカウトかけてました。実際わたしのあるチャンネルも何度もそのmcnからスカウト受け、ちょっとはなし聞いてみたことあります。そのため事務所により普通のスカウトしてるところあり、スカウトしてきた=怪しいではないです。たいていまともな事務所なら普通に公式サイトもっていて、最低限公式サイト存在するか把握しましょう。そして、YouTube事務所所属したほうがいいのはユーチュ-バーとして次々自分の知名度上げたいなどの人で、芸能人志望、モデルになりたいような方は事務所所属したほうあチャンスが多いです。副業ビジネスでユーチューバーををしてる、顔出し、声出ししないで周囲ばれないようにこっそり稼ぎたい人は事務所所属するメリットはなくてデメリットしかないです。そして事務所所属するメリットはイベント、メディア出演など通じ自分の知名度上げやすいからです。身バレしないよう副業でユーチューブアドセンスをしてる方は自分は有名になりたくないでしょう。そうなれば単に事務所、mcnに広告収入ピンハネされてるだけの状況になり、うまみがないです。私としてはサラリーマンの副業としてYouTubeビジネスに取り組むこと推奨してて事務所へ所得推奨してないです。