ユーチューバーの収入源

未分類 0件のコメント

YouTubeで収入を得るというと、これまでは広告収入が一般的でしたが、現在はユーチューバーの収入源が多様化しています。では、ユーチューバーはどのような収入源を持っているのでしょうか。

●YouTubeアドセンス(広告収入)
YouTubeアドセンスとは、自分が投稿した動画に広告をつけて、その広告を視聴者が見たり、クリックされたりすると、報酬が発生する仕組みです。広告には3つの種類があります。
1つめは動画を再生するときに最初にでてくる動画広告です。視聴者がこの広告を見ることで報酬が発生します。
2つめはページ右上に表示されるバナーです。クリックされると報酬が発生します。
3つめは動画の下部に表示されるバナーです。クリックされると報酬が発生します。

●企業案件
企業案件とは、企業から商品やサービスの紹介を依頼され、それを自分の動画で紹介すると報酬が発生する仕組みです。
チャンネル登録数が多い人気のユーチューバーなら、動画を投稿すると何十万回も動画再生されることが珍しくありません。企業としては多くの人に動画を見てもらえれば、それだけ広告効果が高くなります。
ゲーム動画を主に投稿しているユーチューバーなら、ゲーム実況を企業から依頼されることがあります。そのユーチューバーのチャンネル登録をしている人は、ゲームが好きな人、ゲーム情報を知らいたい人がほとんどです。企業が売りたい人が動画を見る確率が高いのです。
企業案件は広告でありながらも、商品紹介なら「この商品よかったよ」といったように、あくまでも自分が使ってよかったから紹介しているように見せていて、広告っぽくない特徴があります。

●ファンクラブ
ユーチューバーのファンクラブに入るには、入会金や月額量が必要で、これが収入になります。ファンクラブに入ると、プレゼントがあったり、特別なコンテンツが用意されていたりなど、ファンクラブに入っている人だけの特典があります。

●チャンネルメンバーシップ
YouTubeにはチャンネルメンバーシップという機能が用意されています。「メンバーになる」というボタンがあり、メンバーになることができます。メンバー登録をしたら月額490円を支払い、これがユーチューバーの収入源になります。
チャンネルメンバーシップに登録をすると特典があります。

これらが主なものですが、この他にもイベント収入、オリジナルグッズ販売などで収入を得ているユーチューバーもいます。